• タイトル: エロ同人誌作家がCOMITIAに初参加したけど12冊しか売れなかった話
  • 執筆者: 牛帝(Gyutei)
  • 完成日: 2015年9月30日
  • ページ: 32ページ
  • あらすじ: アダルト同人誌の人気作家が初心にかえって少年漫画を描きましたが、300冊刷ったのに12冊しか売れませんでした。(フィクション)



  • (コミケ)
  • Yagisaki(八木崎): ありがとうございます!! 新刊まだまだあります!!
  • Nureinudo(濡犬堂): Yagisakiさん、新刊交換しようぜ。
  • Yagisaki: Nureinudoさん!
  • Nureinudo: 今回も絶好調だな。漫画家になって10周年で、最高の内容だ。
  • Yagisaki: エロ同人専業作家としても7年目に入れたよ…



  • Yagisaki: 僕は漫画だけを描いて7年間も生きられた。エロ漫画も評価されている。僕は幸せ者だ。
  • Yagisaki: でも…最近思うんだ…
  • Yagisaki: 僕にはオリジナル作品の代表作がない…
  • Yagisaki: 僕の漫画はすべて二次創作だ。自分一人の力で成功したわけではない… そこ割り切ったつもりだったけど、30歳になってから虚無感もあってさ…



  • Yagisaki: 僕が死ぬまでに、オリジナル作品の、ストーリー漫画の代表作を作りたい…
  • Nureinudo: これほど売れてるんだからいいじゃないか。
  • Yagisaki: 僕は元々少年漫画家志望だった。
  • Nureinudo: そうなの!?
  • Yagisaki: だけど漫画雑誌に持ち込んだら…
  • 漫画雑誌編集者: あなたの漫画はイマイチ平凡だけど、女の子が肉感的でかわいいから、エロ漫画に行けばワンチャンスあるかも!!



  • Yagisaki: 試しに同人誌を出してみたらこんな状況さ。
  • Nureinudo: 編集者、有能。
  • Yagisaki: ストーリー漫画は夢のかけらなんだ…
  • Yagisaki: いつまでも悩み続けるよりも、僕はストーリー漫画に挑戦してみたい。
  • Nureinudo: それなら俺も応援するよ。
  • Nureinudo: やっぱりCOMITIAに出すの?
  • Yagisaki: COMITIA?



  • Nureinudo: オリジナル作品だけの同人誌即売会だよ。ちょうどこの東京ビッグサイトで開催するんだ。
  • Yagisaki: へぇ…版権作品の頒布は無しなの?
  • Yagisaki: それはいい。ぜひ参加したい。
  • Nureinudo: うん。
  • Nureinudo: ただ… COMITIAはマジで売れねぇ…
  • Nureinudo: 二次創作ならかなり売れそうな作家でも、10冊すら売れないのも普通。本を売る場所というよりも、大人の文化祭って感じだな…



  • Nureinudo: エロならまだ出やすいから、そっちを勧めたいが…
  • Yagisaki: ……
  • Yagisaki: まあ僕は葉鍵系の残党でストーリー性もウリだし… ストーリーだけでも通用する…と思いたい。
  • (葉鍵系(葉鍵系): 2000年ごろに流行った泣けるアダルトゲーム)
  • Nureinudo: 実際泣けるしな… がんばってくれ。
  • (Yagisakiのアパート)



  • Yagisaki: 完成した… が、読み返しすぎて面白いのか正直分からない…
  • Yagisaki: 版権作品なら描きながら面白いと思えるけど、100%オリジナルだと冷静に見れない…
  • Yagisaki: どのくらい印刷しよう… 二次創作の同人誌だと2000冊くらいだから… そうだな…



  • Yagisaki: 300冊くらいだろうか…
  • (電車)
  • Yagisaki: こんなに緊張するイベントは10年ぶりだ…
  • (COMITIA)



  • Yagisaki: …… まったく売れない…
  • Nureinudo: よう!
  • Nureinudo: モンスターエナジー要る?
  • Yagisaki: Nureinudoさん…



  • Yagisaki: あなたもサークル参加だったよね?
  • Nureinudo: オリジナルのエロ漫画で固定ファンをつけたくて。最近は二次創作が焼畑農業化してるからね…
  • Yagisaki: しかし… 聞いてた以上に売れないね…
  • Nureinudo: でも雰囲気はいいでしょ。
  • Nureinudo: Yagisakiさんは創作ジャンルではまだ無名だから… まったくの他ジャンルは版権作品だって厳しい。ましてやオリジナル作品は知名度がないと手にとってすらもらえないから…



  • Yagisaki: 正午で1桁台は生まれてはじめてだよ…
  • Nureinudo: …ここではよくあることさ。
  • (Yagisakiの部屋)
  • Yagisaki: 300冊も印刷したのに12冊だけ… 惨敗だ……



  • Yagisaki: ……
  • Yagisaki: ……



  • Yagisaki: …描いてる時は面白いのかどうか分からなかったけど、いま見ると凡作だ。少年漫画成分と葉鍵成分が空中分解を起こして、何を言いたいのかよくわからない…
  • Yagisaki: 売れなかったのは知名度の低さもあるけど、僕のストーリーも平凡だったんだ…
  • Yagisaki: 二次創作だと下手さが分からなかったが、オリジナル作品だと下手さが露呈してしまう!!



  • Yagisaki: それならやるべきことはひとつ… ストーリー作りの勉強だ!!
  • (喫茶店)
  • Yagisaki: そんなわけでプロ漫画家のFunjinbakuhatsuさんに、ストーリー作りの基本を教えていただきたい。
  • Funjin(糞塵爆発): ……
  • Funjin: 友人の頼みだからいろいろ教えたいところだけど… 俺、起承転結とか考えたことないんだよね… アドバイスできることがマジでない…



  • Funjin: Yagisakiさんもそんなこと考えないだろ? みんないっしょだよ。
  • Yagisaki: 話がまとまらないんだ… どうやってまとめてるの?
  • Funjin: まとめるというか、話を考えるとラストまで思い浮かぶから、ただそれを描いてるだけだよ。
  • Yagisaki: 特殊能力だなぁ… そうなれるトレーニングとかってないの?
  • Funjin: 絵を上手くするトレーニングはあるけど、話を上手くするトレーニングってあるのかな…



  • (Yagisakiのアパート)
  • Yagisaki: 才能が違いすぎて参考にならん!!
  • Yagisaki: 初心者向けの作話入門書とかないのかな。検索してみよう…
  • Yagisaki: ……
  • Yagisaki: いくつか候補があるけど…
  • Yagisaki: ハリウッドでシナリオの教科書にされているという、シド・フィールドの本を買ってみるか…
  • (1-Clickで注文)



  • Yagisaki: "F. Scott Fitzgeraldは脚本の技術を学ぼうと努力したが、成功に至らず世を去った。彼は配管工事を任された偉大な彫刻家のようなものだった。彼は『脚本が何であるか』ということに確信を持てなかったのだ。"
  • Yagisaki: おお、冒頭からなんだか面白いし… すごく『本物』って感じがする!!
  • Yagisaki: ほうほう、脚本のパラダイムとな…!?



  • Yagisaki: やっと読み終えた。難しいが『本物』の本だった…
  • Yagisaki: ……
  • Yagisaki: …この本が『本物』ということだけは分かったけれど、具体的に何をどうすれば良いのかサッパリ分からない…
  • Yagisaki: あー…Twitter面白い… 正確にはそんなに面白くもないけどつい無限に見てしまう…
  • Yagisaki: ……!!



  • 漫画家(Twitter): 漫画はキャラクターが命! 1日1時間机に座って、3人キャラクターを作ろう!
  • Yagisaki: 1日1時間机に座って、3人キャラクターを作ろう…!!
  • Yagisaki: シンプル!! これなら僕にもできそう!!



  • Yagisaki: よし、それなら僕は、1日10人キャラクターを作ろう!
  • Yagisaki: うーん、100人くらいキャラクターを考えたけど…
  • Yagisaki: このヒロインが一番輝いてる気がする!! BL王を目指す少女Nigori Matsushima!! この女の子を主人公にしよう!!



  • Yagisaki: ……
  • (漫画の世界)
  • Nigori: 私は、BLの向こう側が見たい…
  • Nigori: やっと世界が見えてきたのに… 『ホモの見えざる手』…
  • Nigori: ノンケ特有の不条理な世界も、みんなホモと考えるだけで一転して幸せな世界に……
  • 友人: Nigori! しっかりして!!



  • (現実)
  • Yagisaki: なんだか描きやすい!? 前と違って話がスラスラ思い浮かぶ…
  • Yagisaki: しかもこれは、たぶんかなり面白い…!!
  • Yagisaki: そうか、すでに葉鍵系という得意技があるから、良いキャラクターさえいれば勝ちパターンに入れるんだ!! これならイケるかも…!?



  • (COMITIA)
  • Yagisaki: COMITIA、勝負だ!
  • Yagisaki: ありがとうございます!!
  • Nureinudo: 今度は売れてるな
  • Yagisaki: おおっ…



  • Yagisaki: 前よりはね…… でも100冊完売は無理そう…
  • Nureinudo: しかたないさ。COMITIAで100冊完売できるのは上位10%程度だよ。
  • Yagisaki: 悲しいのがさぁ…
  • ファン: Yagisakiさんのストーリーでいつも号泣してます!!
  • Yagisaki: …と毎回言ってくれる人がぜんぜん来てくれないんだよ…
  • Nureinudo: ああ…
  • Yagisaki: 『Yagisaki』のファンなんじゃなくて、『二次創作者のYagisaki』のファンだったんだなって…
  • Nureinudo: なにか用事があったんだよ。新刊読ませてもらうよ。
  • Nureinudo: おっ…!?



  • Nureinudo: すごく面白いじゃん!
  • Yagisaki: マジで!?
  • Nureinudo: 俺がお世辞を言ってどうするんだよ!
  • Yagisaki: 嬉しいよ
  • Nureinudo: ストーリー漫画でここまでやるとは… 正直見直したわ……
  • ファン: 本当か!? 1冊売ってくれ…



  • Yagisaki: あっ、いつもの人!!
  • Nureinudo: なんだか弱ってる!?
  • ファン: 病気してなかなか来られなくて…
  • Nureinudo: 中年オタクの健康問題か…
  • ファン: ちょっと読ませてもらいますよ。
  • Yagisaki: はい。
  • ファン: ウヒャホフヒィフヒィー!! 5冊買います!!
  • Yagisaki: ありがとう!!



  • 会場アナウンス: ただいまをもちまして、COMITIAを終了いたします。
  • Yagisaki: なんだって!?
  • Yagisaki: …知人に配った分を除くと、全部で37冊…!!



  • Yagisaki: ……
  • Yagisaki: 微妙!!
  • Nureinudo: COMITIA参加2回目で37冊は大したものだよ。本の内容もいい。
  • Yagisaki: ……
  • Yagisaki: 負けではないが、勝ちでもないってところか…
  • Nureinudo: 版権のエロ漫画でやってきたから少なく感じるだけさ。いい足跡だったと思うぜ。



  • Nureinudo: 気が向いたらまた遊びに来てくれよ。COMITIAはどこにもいかないしさ…
  • 漫画家志望A: 出版社への持ち込みどうだった?
  • 漫画家志望B: 全然… でもわりと優しかったよ。
  • 漫画家: よーしこれから居酒屋でWEB漫画家のオフ会だ!!



  • 張り紙: 絶対に週刊少年ジャンプ作家になる!!



  • Yagisaki: さて、秋葉原でカレーを食べて、同人誌ショップでもぶらついて帰るか…



このエントリーをはてなブックマークに追加

 

次の話へ (To the next episode)

 

創作あるある話 (Home page)